鍛接・鍛造


営業時間 09:00〜18:00(日曜・祭日定休)
当社包丁へのお問い合わせはこちらから 03-3712-8646 お問い合わせフォーム

包丁・刃物の藤原照康刃物工芸HOME > 日々の藤原照康刃物工芸 > 鍛接・鍛造

日々の藤原照康刃物工芸

Photoviewer

鍛接・鍛造


前の写真次の写真
スライドショー
スライドショー
前の写真次の写真

2012.02.06鍛接・鍛造

2012.02.06鍛接・鍛造

2012.02.06鍛接・鍛造

2012.02.06鍛接・鍛造

2012.02.06鍛接・鍛造


  • 鍛接・鍛造2012.02.06
  • 通常「ステンレス」と「ハガネ」は簡単に接合する事が出来ません。 そこで、刀鍛冶の「鍛接」という技法を用い、「ステンレス」と「ハガネ」を強固に接合するのです。
    まず、切り出した材料を「ステンレス」+「ハガネ」+「ステンレス」の順で三層構造にします。
    それぞれの素材の間に「鍛接材」(硼砂・「ほうしゃ」)と呼ばれる薬品を挟み、炉の中で赤めます。<850〜900度>
    この後ハンマーで打ってゆくことで、それぞれの材料が固く接合されていきます。